Japan

‘I am a dog’: Natsume the Shiba mix is looking for a home

It’s hard to believe but this happy-looking fellow was found along the side of the road, and had apparently been…

Read More »

Lineup for end of year Kohaku Song Battle 2021 revealed

The New Years’ television special announced the cast for this year’s battle. As the end of the year fast approaches,…

Read More »

J1’s top career goal scorer Yoshito Okubo to retire at end of season

Osaka – Former Japan national team forward Yoshito Okubo, the top scorer in the J. League’s top flight with 191…

Read More »

TikTok映えがもたらす「TikTok売れ」の威力–書籍やチーズ、ブランドバッグまで

 日経トレンディの「2021年ヒット商品ベスト30」が発表され、1位にはTikTokで商品が売れる「TikTok売れ」が選ばれた。  TikTokというと若者のものという印象があるかもしれないが、博報堂調査によると現在のユーザー平均年齢は34歳となり、購買力がある層にも波及して、次々とトレンドだけでなく商品の売上増を生み出す場となっているのだ。TikTok売れについて見ていきたい。 著名ミュージシャンから無名アーティストの曲まで網羅  TikTokで生み出されてきたヒットは多い。たとえば音楽だ。TikTokでは、動画投稿時に好きな音楽を自由に選んで使用することができ、ここから人気に火がついたものは多い。YOASOBI、瑛人などのヒットに続き、最近は「踊らにゃ損です」というフレーズが印象的な和田アキ子さんの「YONA YONA DANCE」が大ヒットし、「#yonayonadance」は1億1780万回再生に。  優里さんの『ドライフラワー』もTikTokきっかけで大ヒットし、ビルボードジャパンの総合チャート「HOT100」で2021年上半期1位を獲得。ストリーミングサービス再生回数は4億回を突破している。  これは世界的に見ても同様だ。TikTok発表の2020年度トップ100によると、TikTokで10億回以上という驚異的な再生回数となった楽曲の中には、数日で一気に再生されたものもあれば、長い時間をかけてゆっくりと再生されていったものもある。著名ミュージシャンのヒット間違いなしの楽曲もあれば、無名アーティストの楽曲も混じっている。  TikTokは楽曲が知られるきっかけとなっている。著名ではなくても良い楽曲であれば、大ヒットにつながる可能性があるというわけだ。 他のSNSの「いいとこどり」  他に人気のSNSといえば、InstagramやTwitter、YouTubeなどが挙げられる。それぞれのSNSとの違いはどこにあるのか。  Instagramには動画も投稿できるが、美しいまたは驚きあふれる「インスタ映え」する写真が中心だ。Twitterは拡散力が一番高いとされるが、テキストベースのものが多くなる。YouTubeは動画で情報量多くしっかり説明ができるものの、長めの動画が多くなり、最後まで見てもらえないことも少なくない。  一方TikTokは、短い動画で最後まで飽きずに見せることができ、音声やテキストで説明も可能だ。他のSNSのいいところどりのようになっているのだ。しかも短いだけに、言語に左右されづらくなり、国を超えたヒットにもつながり得る。たとえば3900万人以上のフォロワーを抱える国内のフォロワー数1位のじゅんやさんは、言語に頼らない一発芸のような動画で人気となっている。 「TikTok映え」でTikTok消費が促進  TikTokにも「TikTok映え」というものがある。ビジュアル的かつ動きや音が面白く、自分でも投稿したくなるようなものがTikTok映えであり、そこからバイラルが生まれている。 「#地球グミ」  地球型のグミを見かけたことはあるだろうか。ケースを口に入れてパキッと割ると、青いグミが出てくる。中にはジャムが入っており、食べると舌が青くなるのだ。この一連の動作がビジュアル的にも面白いため人気となり、多くの動画が投稿されている。「#地球グミ」は5億4130万回再生、「#プラネットグミ」は690万回再生だ。  「TikTokでインフルエンサーが投稿したのを見てから、ずっと探していた。ヴィレッジヴァンガードでやっと見つけて、嬉しくてすぐに買ってしまった。4個入で600円とかだから高いけど、動画が撮れて見てもらえたからよかった」と、ある女子高生は言う。  Instagramでも写真を投稿するための商品が促進されたが、TikTokでも同様にTikTok消費が促進されている。おまけに、TikTok映えする商品の幅は、Instagramよりもずっと広い。 30年前の小説が10万部の大増刷、裏にTikTok映え…

Read More »

KFC puts its own spin on Japanese flavours with the new Katsu and Fillet Burger

When fried chicken just isn’t enough to satisfy your cravings. Earlier this month, KFC Japan had our mouths watering with…

Read More »

Spotify、有料ポッドキャスト配信を可能にするサブスクを米国外でも開始–日本はまだ

 Spotifyは、米国でのみ提供していたポッドキャスト配信者向け収益化サービス「Podcast Subscriptions」の対象地域を増やし、新たに33の国と地域でも提供すると発表した。ただし、日本はまだ対象に含まれていない。 米国以外でもPodcast Subscriptions(出典:Spotify)  Podcast Subscriptionsは、クリエイターが有料のサブスクリプション型ポッドキャスト番組を配信し、リスナーから料金を受け取れる仕組み。Spotifyの音楽配信サービスにおけるサブスクリプションとは独立している。2021年4月に試験提供を一部ユーザー限定で開始し、8月より米国内の全ユーザー向けに提供してきた。  同サービスを利用すると、特別番組の配信やメールでの情報発信といった優待サービスを、料金を支払ったリスナーだけに提供できる。番組の配信や設定には、Spotifyのポッドキャスト管理ツール「Anchor」を使う。Anchorを介すと、Spotifyやその他プラットフォームへ配信したり、RSSフィードを提供したりすることも可能。 他プラットフォームへの配信も可能(出典:Spotify)  クリエイターが設定可能な料金は、月額0.49ドル(約56円)からの20段階。手数料として5%をSpotifyに支払うが、2023年までは期間限定無料の予定。 設定可能な料金は月額0.49ドルから(出典:Spotify) Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source…

Read More »

Tokyo Governor Yuriko Koike to fully return to work on Sunday

Tokyo Governor Yuriko Koike, who has been taking a rest due to extreme fatigue, will fully return to work from…

Read More »

Taco Bell Japan’s DIY Tacos Kit gives us what we want and more

The best DIY projects are the ones you can eat. When our Japanese-language reporter P.K. Sanjun woke up the other…

Read More »

スターバックス、テイクアウト用ステンレスカップを貸し出し–貸し借りにLINE活用

 スターバックスコーヒージャパンは11月17日、繰り返し利用可能なステンレスカップを貸し出す循環型プログラムの実証実験を22日から開始すると発表した。東京都の丸の内エリアにある10店舗で実施し、利用料金はスタート当初は無料。 Re&Goで貸し出すステンレスカップ(左)  スターバックスがグローバルで掲げる、2030年までに廃棄物を50%削減する目標達成に向けた取り組みの1つで、使い捨てカップの削減とカップを洗浄して繰り返し使用することによるCo2排出量の削減を目指す。スターバックスでは、洗浄して再利用できるタンブラーなどを持ち込んだ客に対してドリンク価格を22円値引きするキャンペーンを長年提供しているが、このプログラムでは、「手ぶらで来店して、洗わずに返却」できる手軽さが特徴だ。  NISSHAとNECソリューションイノベータが提供する容器のリユースサービス「Re&Go」を利用したもので、利用にあたってはRe&Goへの登録も必要。容器を借りるさいは、Re&Goの公式LINEアカウントから「容器を借りる」をタップし、カップのQRコードを読み取ることで借りることができる。返却のさいは同じくLINEアカウントの「容器を返却」をタップし、店頭に掲示しているQRコードを読み取り、カウンターに返却する。なお、洗浄は各店舗ではなく、高度な洗浄技術を持つ専用業者が担当する。  貸し出される容器はステンレス製で、ベンティサイズを除いたホット・アイスのドリンクに対応する。フタも付属し、持ち運びも考慮した仕様。  実施店舗は、丸の内ビル店、グランスタ丸の内店、KITTE丸の内店、丸の内オアゾ店、丸の内新東京ビル店、丸の内三菱ビル店、大手町プレイス店、大手町東京サンケイビル店、新大手町ビル店、皇居外苑 和田倉噴水公園店(12月1日オープン予定)。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source Times News Express…

Read More »

China’s reopening efforts may begin after Winter Olympics, adviser says

An adviser to China’s government said he hopes the country will gradually loosen its strict approach to battling COVID-19 after…

Read More »
Back to top button
Close