Japan

Tokyo government announces new name for maternity/paternity leave; hopes to change attitudes

In a lot of Japanese vocabulary words, if you hear the sound kyu, it means “rest.” For example, the word for…

Read More »

‘True democracy never started’: Hong Kongers react to Xi’s speech

As Chinese leader Xi Jinping left Hong Kong Friday after a rare visit to celebrate the 25th anniversary of the…

Read More »

Chikawa beats out Evangelion and Super Mario to win Japan Character Award 2022

Don’t mistake cuteness for softness. While many countries can boast being full of character, only few can claim to be…

Read More »

対応端末は100万台を突破、取引件数は38倍–「Visaのタッチ決済」で進めるキャッシュレス戦略

 ビザ・ワールドワイド・ジャパンは6月29日、「Visaのタッチ決済」に関するオンラインブリーフィングを実施。日本におけるキャッシュレス決済の立ち位置や導入状況、今後の展望などを説明した。  同社は、カード番号ではなくワンタイムパスワードで決済する「トークン」、支払金額を口座から直接引き落とす「デビット」とタッチ決済を合わせた3つを、キャッシュレス戦略の主要なエンジンと位置づけている。3つの推進で、キャッシュレス化を促進し、便利で安心、安全なデジタル決済を普及させる狙いだ。 Visaのキャッシュレス戦略イメージ  Visaのタッチ決済は、非接触対応の「Visaカード」などをリーダーにタッチすると、サインや暗証番号不要で支払いが完了するサービス。セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンといったコンビニエンスストアなどで利用できる。公共交通機関が導入すれば乗車券に応用できる。対応するVisaカードやモバイルデバイスを所有する乗客は、Visaのタッチ決済を導入する世界中の交通機関で利用可能だ。 公共交通機関でのタッチ決済概要  2022年、日本の公共交通機関におけるVisaのタッチ決済の取引数は、2021年比で約38.1倍に拡大。国内でのタッチ決済対応端末は100万台以上、対応カードは7100万枚を発行しており、18都道府県で25の実証実験が進んでいるという。特にインバウンド需要の狙いを背景に、空港路線での導入が先行しているようだ。 国内公共交通機関での導入状況 国内の取り引き件数  ビザ・ワールドワイド・ジャパンでデジタルソリューションズ ディレクターを務める今田和成氏は、「公共交通機関だけでなく、家電量販店や地方自治体などの利用率も増えた。コンビニやドラッグストアといったすでに導入が進んでいたセグメントもあわせ、タッチ決済の導入が進んでいる」と説明。コロナ禍の落ち着きに合わせて利用率も拡大する見込みで、実際に多くの制限が解除された2022年のゴールデンウィークは期待通りの伸びを確認できたという。 ビザ・ワールドワイド・ジャパン デジタルソリューションズ ディレクター 今田和成氏  アジア地域としては、シンガポールやオーストラリアを筆頭に、タイなどでも導入が進んでいるという。今田氏は、「ヨーロッパでは当たり前になりつつある、“世界中どこにいても1枚のカードで1日過ごすことができる環境”が整いつつある」と語った。 全世界での展望 Share this news on…

Read More »

A more muscular NATO emerges as West confronts Russia and China

MADRID – Faced with a newly aggressive Russia, NATO leaders on Wednesday outlined a muscular new vision that names Moscow…

Read More »

Awesome-looking Japanese whiskey maker’s snack recipe requires no booze, almost no effort【Photos】

Got company coming over in exactly a minute, or just a severe case of the munchies? Than this is what…

Read More »

アップル、独自5Gモデムの開発に苦戦の可能性–著名アナリストが報告

 Appleの動向に詳しいことで有名なアナリストのMing-Chi Kuo氏は米国時間6月28日、Appleが「iPhone」用の独自5Gモデムの開発に「失敗した可能性」があり、少なくとも2023年中はQualcomm製モデムチップに完全に頼る必要があるとツイートし、ウォール街の一部の投資家を驚かせた。 提供:Sarah Tew/CNET  Kuo氏は28日のツイートの中で、Appleは当初、2023年下半期に発表する新型iPhoneの80%に独自開発の5Gモデムを搭載する計画だったとした。これが実現すればコストが減り、iPhoneの価格引き下げか販売利益の増加につながる可能性があった。 (3/4)2. I believe Apple will continue to develop its own 5G chips, but by the…

Read More »

Japan’s ruling LDP holds highest pre-election support at 28%: poll

The ruling Liberal Democratic Party remains in the lead with the highest support rate ahead of the July 10 House…

Read More »

Shochu brand Iichiko produces an anime short which leaves us warm and fuzzy inside

The story focuses on a father-daughter relationship, future dreams, and how two long-running Iichiko poster advertisements connect them all. Iichiko,…

Read More »

ボルボ、航続距離1000kmの燃料電池トラックを2020年代後半に提供–水素充填は15分以内

 Volvo Trucksは、航続距離が最大1000kmという、開発中の燃料電池トラックを披露した。2020年代後半に販売開始する計画。 燃料電池トラック(左)、電動トラック(右)(出典:Volvo Trucks)  燃料電池車(FCV)は、水素と酸素を反応させて発電し、その電力でモーターを動かして走る。走行中に排出するのは水だけで、二酸化炭素(CO2)を出さない。  Volvo Trucksが開発中の燃料電池トラックは、総重量が約65トンを超える。燃料電池セルを2つ搭載しており、300kWの出力が得られる。  航続距離は最大1000kmあり、現在多く使われているディーゼルエンジンで走るトラックと同等という。燃料の水素は、15分かからず充填できるそうだ。 15分以内で水素充填完了(出典:Volvo Trucks)  数年後に、顧客による試験運用を開始する予定。そして、2020年代後半に販売を始める。 燃料電池トラックの紹介ビデオ(出典:Volvo Trucks/YouTube) Share this news on your Fb,Twitter and…

Read More »
Back to top button
Close