Japan

アップルが考える「健康の未来」

 Appleの「ヘルスケア」アプリの進化がとまらない。目指すのは、健康関連の個人データを集め、蓄積したデータを医療機関と共有し、大量のデータから有用な情報を引き出すことのできる健康管理ツールだ。しかし、この野心的な目標はまだ完全には実現していない。間もなく登場する「iOS 16」と「watchOS 9」には、新たに服薬管理と睡眠ステージの追跡機能が加わる。では、次の一手は何か。ヘルスケアアプリは医師と話すためのツールとして広く活用されるようになるのだろうか。 ヘルスケアアプリの月経周期記録機能提供:Apple  Appleは先ごろ、健康に関するレポート(PDF)を発表し、同社が進めるヘルスケア関連の取り組みが今後、iPhoneやApple Watchにどのように反映されるかを説明した。このレポートでは、Appleのヘルスケアアプリや研究活動、医療機関との連携についてまとめられている。  一方、Googleは間もなく、初の独自開発スマートウォッチ「Pixel Watch」を発売する。このスマートウォッチは、「Fitbit」の機能やサービスを活用したものになる予定だ。これに対して、Appleはスマートウォッチの枠にとどまらない、多彩なヘルスケアサービスを提供することで、現在の市場でのポジションをさらに強化しようとしている。例えば、Appleのヘルスケアアプリと「Fitness+」はすでに、Apple Watchがなくても機能するように進化しつつある。  ヘルスケアアプリが医師とのやり取りで活用される日は来るのか。睡眠トラッキングから健康に関する新たな知見は得られるのか。Appleはなぜ、Fitbitの「エナジースコア」やOuraの「コンディションスコア」に相当するものを用意しないのか。  ヘルスケアアプリの現在の目標と長期的な目標について、Appleのヘルスケア担当バイスプレジデントSumbul Desai氏に話を聞いた。Desai氏は、ユーザーのライフスタイルを臨床データや投薬データ、増え続けるヘルスケア指標と融合させ、1カ所で確認できるようにすることが、将来、他の測定値から健康に関する有益な情報を引き出す助けになると言う。  「ただし、データ間の関係は意味のある方法で、慎重に分析する必要がある」とDesai氏は指摘する。人間は複数のデータの間に「誤った相関関係を見出してしまう」ことがあるからだ。重要なのは、ユーザーにとって意味のある関係性を、科学的根拠に基づいて正しく見つけ出すことだとDesai氏は言う。 ヘルスケアアプリと医師との接点  個人的な話で恐縮だが、筆者はこの数カ月間、何度か手術を受け、病院に通った。その経験から分かったのは、病院で受ける医療と、筆者が使っているウェアラブル端末やスマートフォンのアプリの間には必ずしも接点がないということだ。Appleはヘルスケアアプリを医療の現場でもっと活用してもらおうとしているが、デジタルヘルスケアプラットフォームの枠組みはまだ確立されていない。Appleが唱えてきたメリットの多くは、蓄積されたデータから長期的なパターンを見出し、そこから有益な情報を引き出すことにある。  watchOS 9では、心房細動のパターンの変化を経時的に追跡できるようになる。Desai氏は、「データ間の相互作用は間違いなく重要だ」と指摘する。「心房細動が起きている時間を記録し、そのデータと生活習慣との関係を探る。睡眠時間や運動量によって、心房細動に変化が生じるか。Mindful Minutesアプリを使っているなら、その影響はあるか、といったことだ」  Appleはヘルスケアアプリのデータを医師と共有しやすくする方法も探ってきたが、まだ決定的な方法は見つかっていない。例えば、筆者がかかっている医療機関には、ヘルスケアアプリで収集したデータを患者用ポータル経由で医師と簡単に共有する機能はない。 iOS16に搭載される服薬管理機能提供:Apple…

Read More »

Speculation grows that Komeito leader will stay for further term

Speculation has grown that Natsuo Yamaguchi, whose seventh term as leader of Komeito is set to end in September, may…

Read More »

Newest branch of Japan’s oldest burger chain serves up some crazy huge sandwiches in Ginza

Dom Dom Burger goes big as it comes to Tokyo’s fanciest neighborhood. Dom Dom Burger is Japan’s oldest hamburger chain,…

Read More »

テレワーク実施者の運動「散歩・ウォーキング」や「ストレッチ」など–NTTドコモ調べ

 NTTドコモ モバイル社会研究所は7月25日、「運動とテレワーク」についての調査結果を公表した。調査期間は2022年2月、調査対象は全国の15~79歳男女、6240人。 健康管理のために習慣的に行っている運動「散歩・ウォーキング」が首位  健康管理のために習慣的に行っている運動を調査した設問では、「散歩・ウォーキング」が34.0%と一番高く、次いで「ストレッチ・柔軟体操」が19.3%「ウェイトトレーニング、筋トレ(スクワット・腕立て伏せ・腹筋など)」が11.3%と続いた。また、「特に運動を何もしていない」との回答も46.3%あった。 現在、健康管理のために習慣的に行っている運動調査  なお、この結果はテレワーク非実施者も含まれる。 テレワーク実施者の4割「散歩・ウォーキング」  また、テレワークの実施と「散歩・ウォーキング」の関係を調査したところ、「テレワークを行っている」人は43.3%が「散歩・ウォーキング」をしていたという。 テレワーク実施と「散歩・ウォーキング」の割合  「勤務先がテレワークを導入していない・働いていない」人の散歩やウォーキングをしている率は32.9%、「テレワーク制度はあるが自身は実施していない(通勤している)」人は同29.7%だったことから、テレワークで働いている人のほうが取り組んでいる割合が高いということもわかった。 テレワーク実施者の約2.5割「ストレッチ・柔軟体操」  続けて、テレワークの実施と「ストレッチ・柔軟体操」の関係を調査した項目では、テレワークを実施している人の約25%が「ストレッチ・柔軟体操」をしていたという。 テレワークの実施と「ストレッチ・柔軟体操」の割合  「勤務先がテレワークを導入していない・働いていない」人は18.5%、「テレワーク制度はあるが自身は実施していない(通勤している)」人は17.6%が「ストレッチ・柔軟体操」をしていたことから、こちらも散歩やウォーキング同様、テレワーク実施者の取り組んでいる割合が高かったという。 Share this news on your Fb,Twitter…

Read More »

Japan vows to build international opposition to any change of status quo by force

Washington – Foreign Minister Yoshimasa Hayashi said Friday he will work “tenaciously” to build a broader global consensus to oppose…

Read More »

Yokohama’s “Manhole Actress” becomes spokesperson for city’s sewage system

Popular Kamen Rider villain takes on a new fight. Manholes have been enjoying a great deal of popularity in Japan…

Read More »

ソニーG、1Qとして過去最高益もプレイ時間大幅減でゲーム事業が減収に

 ソニーグループは、2022年度第1四半期(2022年4月~6月)の連結業績を発表した。売上高および金融ビジネス収入は、前年同期比2.4%増の2兆3114億円、営業利益は同9.6%増の3069億円、調整後営業利益は同5.4%増の3070億円、税引前利益が同2.9%増の2913億円、当期純利益が同3.0%増の2181億円となった。 2022年度1Q連結業績  ソニーグループ 副社長兼CFOの十時裕樹氏は、「売上高および営業利益は、第1四半期として過去最高を更新した」と述べた。 ソニー 副社長兼CFOの十時裕樹氏  一方、2022年度通期業績見通しは、売上高および金融ビジネス収入は、5月公表値に比べて1000億円増とし、前年比15.9%増の11兆5000億円。営業利益は500億円減とし、同7.7%減の1兆1100億円、税引前利益が600億円減の同4.3%減の1兆700億円、当期純利益が300億円減の同9.3%減の8000億円とした。 2022年度連結業績見通し  「第1四半期の営業利益は、見通しを上回る水準となったものの、第2四半期以降の事業環境には不透明感が残る。市場環境が大きく変化し、インフレの進行、各国の金融政策により、世界経済のさらなる減速が懸念される。対処すべきリスクや課題は広範囲で、多岐に渡る。環境変化の影響の見極めと迅速な対応を事業運営の最優先課題として取り組んでおり、通期業績見通しにも、これらの影響を合理的に想定できる範囲で反映している。引き続き、最大級の警戒感を持って事業を運営していく」とし、「セグメント別では、ゲーム市場全体の状況を見直したゲーム&ネットワークサービス(G&NS)において営業利益の通期見通しを修正したが、残りの5分野は据え置いている」とした。  2022年度第1四半期のセグメント別業績は、ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野の売上高は前年同期比2%減の6041億円、営業利益は37%減の528億円となった。また、通期見通しは、売上高で前回公表値に比べて400億円減の3兆6200億円、営業利益は500億円減の2550億円とした。 ゲーム&ネットワークサービス分野  「第1四半期は、為替による増収効果があったものの、アドオンコンテンツを含むソフトウェアの販売減があった。想定に対して約25%のマイナスとなっている。ゲームプレイ時間が大幅に減少していること、前年同期に比べて大型タイトルの発売が少なかったことが影響している。また、ソフトウェア開発費の増加もあった。通期見通しの下方修正はソフトウェアの販売減やBungieの買収が想定以上に早く進み、買収関連費用が130億円増加し、約570億円になることが要因」と説明した。  7月15日にBungieの買収を完了。6月27日にはHaven Entertainment Studiosの買収を完了しており、「コンテンツ開発力強化に加えて、買収したスタジオとのシナジーにより、新規IPの創出やライブゲームサービス、マルチプラットフォームへの展開を加速し、自社制作ソフトウェアの強化を図る」と述べた。 7月15日にBungie、6月27日にHaven Entertainment Studiosの買収を完了  第1四半期におけるプレイステーションユーザーの総ゲームプレイ時間は前年同期比15%減となっている。「6月単月では、5月から3%改善して持ち直しているが、想定していたエンゲージメント水準を大幅に下回っている。主な要因は、主要市場において、コロナ感染が縮小し、外出機会が増加。ゲーム市場全体の成長が減速していることにある」とし、「自社制作ソフトウェアを含めた大型タイトルのリリースが予定されている下期に向けて、『PlayStation 5』の供給台数を増加させたり、『PlayStation…

Read More »

Japan to let prefectures declare new anti-COVID measures but won’t curb social activities

As the number of coronavirus infections soars to unprecedented levels, Japan will allow prefectural governments to take stronger COVID-19 measures…

Read More »

Hokkaido potato growing town sets Guinness World Record for world’s biggest croquette【Video】

This little town easily eclipsed the previous world record by about 54 kilograms (119 pounds)! Hokkaido is known for a…

Read More »

「ザ・パークハウス」にデジタルツインの冨永愛さんが暮らす仮想空間のモデルルームが登場

 三菱地所レジデンスとサイバーエージェントが協業し、デジタルツインと広告契約。7月28日に、デジタルツインの冨永愛さんが入居する、新築分マンションの「ザ・パークハウス」の仮想空間「SPER MODEL ROOM」の特設サイトをオープンした。 デジタルツインの冨永愛さんは98インチの液晶モニターに映し出されていた。メイクやヘアスタイルなどにも大変こだわっているという 8月1日の冨永愛さんのお誕生日を前にサプライズでケーキが登場。デジタルツインに一口あげる仕草も披露  デジタルツインとは、実在する人や物体を撮影機材でフルスキャンし、撮影データをもとに3DCGで再現する技術のこと。デジタルツインレーベルでは、身体的特徴を捉えるモーションデータ、音声データなどを取得し、著名人の生き写しともなるデジタルの双子として生成した公式3DCGモデルを、デジタルツインと定義している。  SUPER MODEL ROOMは、デジタル上にモデルルームを設置したサービス。今回、三菱地所レジデンスと直接広告契約を締結した、デジタルツインレーベルの公式デジタルツインである冨永愛さんが入居する。なお、著名人本人ではなく、仮想空間で活躍するデジタルツインとの直接広告契約は、両社によると国内初。  サイバーエージェントのグループ会社で、今回の開発を手掛けた、CyberHuman Productions 取締役の桐島ローランド氏は「私自身カメラマンでもあり、クリエイター的な立場から話すとデジタルツインは妥協しなくていいことが最大のメリット。通常の撮影では天候やコンディションなどに左右され、妥協するところがあるが、デジタルは理想とするビジュアルを作れるのがありがたい。デジタルツインをつくるために必要なスキャンは1〜2時間程度。とてもありがたい技術だと思っている」と背景を明かした。  実際の制作では、スキャンの後、モーションキャプチャーで動きをとり、さらに声のデータを得ており、実質的には1日程度とのこと。その後CGの作り込みなどが発生するという。  特設サイトでは、SPER MODEL ROOMの住人として入居しているデジタルツインの冨永愛さんがルームツアーの案内人となり、「こだわりの暮らし」を紹介。ブラウザ内では、開放感のある「リビング」や、快適でシンプルな「キッチン」に加え、計9つの空間を自由に巡ることができる。  全ての部屋は、現実の時間と紐づけられ、昼夜で変わる日差しの角度など、変化する部屋の雰囲気を楽しむことが可能。チャットボットではデジタルツインの冨永愛さんに、お気に入りの家具についての質問や、コメントの投稿をするなど、デダタルツインを通してユーザー同士のコミュニケーションが可能だ。  三菱地所レジデンス C・DX企画部副部⾧の中村一成氏は「今回のCMを冨永さんにお願いした理由は、ライフスタイルや環境を意識した取り組みなどが『ザ・パークハウス』のイメージと合致しているから。ご本人の生き写しとなるデジタルツインに住んでもらい、PCやスマホから訪れた人にライフスタイルを垣間見せられる体験型コンテンツとして提供していく」とした。 左から、三菱地所レジデンス…

Read More »
Back to top button
Close