Japan

Mountain meshi hiking! Our guide takes us to the top of Izugatake for an unforgettable lunch【Pics】

Chains, stoves, and coffee in the mountains of Hanno. With SoraNews24 headquarters located in Tokyo’s downtown Shinjuku district, our Japanese-language…

Read More »

アップル、AppとApp内課金を値上げ–最低価格は160円、最高価格は15万8800円に

 Appleは10月5日からApp StoreでのAppとApp内課金(自動更新サブスクリプションを除く)の価格を値上げすると発表した。開発者向けのウェブサイトで告知されている。 AppおよびApp内課金の税金と価格の変更について  日本においては、最低価格が現状の120円から160円に値上げされる。87段階あり、最も高額な設定では、11万9800円から15万8800円に引き上げられる。  この価格改定は、日本以外にも、チリ、エジプト、マレーシア、パキスタン、ポーランド、韓国、スウェーデン、ベトナム、およびユーロを通貨とする全地域で適用されるという。 10月5日から適用される日本の価格表 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source Times News Express –…

Read More »

Debate over Abe’s state funeral puts spotlight on practices of other nations

Each country has its own rules for holding state funerals to honor distinguished national figures. State funerals have been held…

Read More »

Japan’s population of people over 100 surpasses 90,000 for first time

A vast majority of those in triple digits are women. In Japan this 19 September is a holiday known as…

Read More »

東京ゲームショウ2022、リアル会場の総来場者数は13万8192人に

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は9月18日、9月15日から18日までの4日間開催した、大型ゲームイベント「東京ゲームショウ2022」(TGS2022)のリアル会場(幕張メッセ)について、総来場者数が13万8192人と発表した。  東京ゲームショウは、CESAの主催によって年に一度開催される、コンピュータゲームをはじめとするコンピューターエンタテイメントの総合展示会。今回は「ゲームは、絶対、とまらない。」をテーマに、3年ぶりのリアル会場を含むハイブリッドイベントとして開催した。 総来場者数比較表  会期中にオンライン配信した公式番組の総視聴者数や、VR会場である「TOKYO GAME SHOW VR 2022」(TGSVR2022)の来場者数等は、後日発表するという。また、2023年の「東京ゲームショウ2023」は、9月21~24日に開催予定(リアル会場は幕張メッセを予定)としている。 東京ゲームショウ2022リアル会場の一般公開日(9月18日)の様子 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source Times…

Read More »

Live updates on Typhoon Nanmadol

Much of Japan is on the alert for severe weather conditions as a slow-moving yet powerful typhoon, known as Typhoon…

Read More »

Which Japanese conveyor belt sushi chain has the best mackerel sushi?【Taste test】

Our taste tester has spent years avoiding kaiten sushi shime saba, so will he regret giving it a second chance?…

Read More »

North Korean abductions issue still unresolved, 20 years after deal with Japan

No signs have emerged that Japan can resolve the long-standing issue of North Korea’s abductions of Japanese nationals, although Saturday…

Read More »

二極化するコロナネイティブ就活生–企業の争奪戦が始まった「優秀層」獲得の秘訣とは?

 新卒採用のサマーシーズンが終わった今、企業が優秀な学生を確実に採用するためには、どのような対応を取るべきでしょうか?秋冬の就活戦線に向けて、コロナネイティブ学生の就活傾向と企業の対応について、Google人事部で新卒採用を担当していた草深生馬氏(くさぶか・いくま/現RECCOO CHRO)が解説します。 早期層と後発層に二極化する2024年卒  2020年卒、2021年卒採用の頃から、就活に大きな混乱を招いているコロナ禍ですが、今、ちょうど就活中の2024年卒の学生に至っては、入学した当初から授業もオンライン化が当たり前、課外活動にも制限があり、就活などで役立つ生きた情報に接する機会に乏しいといった、前の世代との断絶が明らかな世代となっています。  授業はオンラインなので、教授やクラスメイトにはディスプレイ越しでしか会ったことがないし、サークル活動、アルバイトなどの課外活動のチャンスもほとんどありません。そのような状況下で、コロナネイティブと称される2024年卒の学生たちは、就活をスタートしました。  結果として、何らかのきっかけによって早くから就活に取り組み始めた早期層と、就活の開始時期や取り組み方などをそもそも知らず、スタートが遅れた後発層に大きく分かれてしまっています。特に、やはり早期層には優秀層、つまり、偏差値上位校の学生が多く含まれています。  断絶の世代とはいえ、彼らは自分自身でアンテナを高く張り、早いうちからインターンに参加したり、先輩からアドバイスをもらう機会を得たり、企業からのアプローチを受けたり、と就職活動を早く始めるきっかけを掴んでいます。結果、今年のサマーの時期に積極的にインターンやイベントに参加したという現状です。 早期層と後発層の比率は3:7、後発層にも優秀な学生が存在  就活の早期化は今に始まったことではなく、早期層と後発層に分かれる動きは私が就活をしていた10年以上前でも見られた傾向でした。昨今はその傾向がより強くなり、積極性のある優秀な学生を採用するには、企業側は早い時期からアプローチしなければいけない、と言われ続けています。  ただ、2024卒に関しては、コロナ前よりも早期層と後発層の比率の差が大きく開き、後発層により大きなボリュームが偏っています。その結果、コロナ前であれば早期に動き出していたような優秀な学生も、後発層には多く存在する玉石混交の状態になっている。それが2024年卒の大きな特徴の一つです。 サマー以降も逆転の可能性が。10~12月は企業にとってチャンス  就活のサマー期は終わりましたが、上記で説明した通り、2024年卒の早期層、つまりサマー期にアクティブな活動をする学生は例年より減っています。逆に企業側は、外資、ベンチャー、大手も同時に6月あたりから動き始め、その結果、優秀な学生の争奪戦が激化したようです。  ただ、すでに説明したように、2024年卒は後発層の学生数が多く、しかもその中に優秀層も含まれているので、企業側にとっては、秋冬の就活戦線にしっかり取り組めば、これからも優秀な学生に出会える可能性が、例年以上に高いと言えます。  サマーの時期に予想通りの集客ができて、応募者の母集団を形成できた企業もあれば、それが叶わなかった企業もあるでしょう。まず、学生の母集団を形成できた企業にとって現時点で大切なのは、彼らへのフォローを忘れないということです。  こちらのデータは、「第一志望企業との初期接点時期」についての2023年卒のデータです。約45%の学生が「2021年8~9月」以前、つまり3年生のサマーまでに出会った企業が第一志望になったと回答しています。つまりこの夏に母集団を形成した学生の半分近くが第一志望と捉えてくれるポテンシャルがあるので、そのケア、フォローが重要になります。 第一志望企業との初期接点時期  一方、その直後の「2021年10~12月」は、17.8%と一番高くなっています。これは、学生が企業に対してより積極的な姿勢で「選ぶ機運」が高まるタイミングと解釈できるかもしれません。サマーインターンなどを通じて、多くの企業と触れ合い、自分の就活の軸が定まる。その上で改めて出会った企業が一番しっくり来た、ということなのでしょう。  つまり、サマーにしっかり母集団を形成できなかった企業は、10?12月は学生側の心の扉が開き、思考の軸が固まる時期なので、いいメッセージ、いい体験を届けることができれば、むしろこの時期の方が学生たちのハートを掴みやすいという、逆転のチャンスもあり得るのです。  逆に、サマーに母集団を形成できた企業も、秋冬の時期に翻意される可能性もあるので、繰り返しになりますが、フォローを忘れないようにしましょう。 秋冬は、早期層学生が意思決定をする時期…

Read More »

Beer, Suntory whiskey for under a buck and all-you-can eat ice cream! Joy at Tokyo’s Karaoke One

This hidden-gem karaoke chain is perfect for your inner child and adult-beverage-loving grown-up. Japan, being the birthplace of karaoke, has…

Read More »
Back to top button
Close