Japan

Japanese gacha machine sells nostalgic super tiny books, and we tried it out

Read some tiny flashbacks from the Showa Era! The retro Showa Era of Japan (1926-1989) is still a nostalgic time…

Read More »

Okinawa marks 50 years since reversion from U.S. rule

Naha – Okinawa Prefecture on Sunday marked 50 years since its reversion to Japan from U.S. rule as residents’ frustrations…

Read More »

KDDI高橋社長、0円から使えるpovo 2.0を「止める理由はない」–新たな中期経営計画も

 KDDIは5月13日、2022年3月期通期の決算を発表した。売上高は前年度比2.5%増の5兆4467億円、営業利益は前年度比2.2%増の1兆606億円と、増収増益の決算となった。ライフデザイン領域やビジネスセグメントといった成長領域が、共にCAGR(年平均成長率)で2桁成長を達成するなど業績をけん引し、営業利益1兆円を超えるという目標の達成に至ったという。  その基盤となるマルチブランド戦略のグループID数は3184万と、期初予想を超える数値で推移。同社の代表取締役社長である高橋誠氏によると、前半は携帯料金引き下げによる競争激化で獲得が続いたというが、後半から持ち直して予想を上振れする水準で着地できたとのことだ。 決算説明会に登壇するKDDI代表取締役社長の高橋誠氏  その内訳について高橋氏は、料金引き下げ前は「au」が90%、「UQ mobile」「povo」が合計で10%程度のシェアだったと説明するが、2021年度末にはそれがauで80%、UQ mobileとpovoの合計で20%という構成に変化。実際povoは120万契約にまで伸びているという。 グループID数は前期に落ち込んだがその後持ち直して想定以上の増加に。ただしその比率はUQ mobileやpovoの割合が高まっているという  そうした低価格サービスの伸びを受け、料金引き下げによる減益影響は期初予想の600〜700億円から上振れし、872億円にまで拡大しているとのこと。それをグループのMVNOや、楽天モバイルからのローミング収入などで補い相殺することで、好業績へとつなげているようだ。  一方で、KDDIの決算発表と同日に、楽天モバイルが発表した新料金プランで「Rakuten UN-LIMIT VII」を発表、1GB以下なら0円で利用できる仕組みを廃止するとしたことが話題となった。それだけに、同じく0円から利用できるpovoの動向が注目されているが、高橋氏はpovo2.0と楽天モバイルとではサービスの性質が違うと説明、「今のところ止める理由はない」としている。  またその楽天モバイルは現在、携帯3社が持つプラチナバンドの再割り当てを主張している。高橋氏は有効利用されていない帯域の再割り当てをする制度自体には賛同するというが、「有効利用している周波数を他に割り当てるのには慎重な議論が必要」と回答。5Gのネットワーク整備にリソースを注いでいる中、楽天モバイルにプラチナバンドを割り当てる工事が必要となれば大幅な期間とコストがかかり5Gの整備にも影響が出るとし、「5Gの工事に集中させてほしい」と慎重な対応を求めている。  ちなみに5Gの周波数を巡っては、2022年4月に申請がなされた2.3GHz帯の免許割り当てに申請したのがKDDIだけだったことが話題となった。この帯域は放送用の中継回線が先に利用しているため、そちらに影響を与えないよう「ダイナミック周波数共用システム」の導入が必要などデメリットが多いことが理由と見られている。  それでも割り当てを申請した理由について、高橋氏は「2.3GHz帯はグローバルで使われている貴重なエコバンドで、既に対応済みの端末も多い」と高橋氏は説明。技術的にも対応できると答えており、他社が手を挙げなかったことには「びっくりした」と驚いた様子を見せている。  またここ最近激化していた、スマートフォンを「一括1円」など激安に販売することの影響について、高橋氏は「顧客は端末価格に非常にセンシティブだと感じている」と回答。4Gまでの時代は端末を安く手に入れて長く利用するいうサイクルがうまく回り、それが早期のエリア拡大につながっていたことから、制度を守りながら取り組むとしながらも、端末値引きが「5Gの展開スピードを速めるためには悪くない形なんじゃないかと思うことがある」とも高橋氏は話している。 中期経営計画では法人事業を通信に次ぐ柱に  なおKDDIは今回の決算発表に合わせ、新たに「KDDI VISION 2030」と、それに向けた2022〜2024年度までの中期経営戦略を打ち出している。…

Read More »

Man who accidentally received entire town’s COVID-19 relief money vanishes

Recipient said “I will not run” and then ran. Last month we reported on the curious case of one man…

Read More »

「キスマーク付は+100円」–使用済みマスク販売で起きるリスクとは

 「#マスク売ります」「#使用済みマスク売ります」―このような言葉でTwitterで検索すると、使用済みのマスクを売るという若い女性たちのツイートが多数見つかる。  「使用済みマスク売ります。1枚 700円(送料込)〜 メルカリ/ヤフオク/PayPayフリマ/ラクマ(全て匿名配送) オプションでキスマーク+100円、メッセージメモ+150円 その他(要相談) DMで」  「女子高生の使用済みマスク売ります。○ルカリで売るので詳しくはDMで」  「使用済みマスクいる方いませんか? #マスク売ります #靴下売り子 #唾液売ります #下着売ります」  使用済みマスクが販売されている実態と背景、リスクについて解説したい。 「キスマーク付き」オプションも  「他人の使用済みマスクとか気持ち悪い。汚いし、そんなのをわざわざ買うなんて。コロナに感染するかもしれないし」と、強い嫌悪感を感じて拒絶している女性を見かけた。多くの人が同じように感じるだろうが、買う人がいることも事実だ。  “使用済みマスク販売”ツイートを見ると、口紅やファンデーションの汚れのついた使用済みマスクの写真がつけられていることが多い。中央にあえてキスマークを付けた写真が添付されていることもある。「キスマーク付きは+100円」などとなっており、プラスでオプション料金がかかるものだ。  多くの場合、販売には「メルカリ」などのフリマアプリを使う。フリマアプリでの取引なら、本名や振込先を公開せずに安全に販売できるためだ。SNS上で連絡をとった上で、ダミーの画像で「○○様専用」などとつけて出品し、購入させるというわけだ。 ブルセラの延長線上にある行為  このような行為は、コロナ禍でお店が休みになり、バイトが入れられずに手を出す人も多いようだ。コロナ禍前もマスクを販売する例はあったというが、コロナ禍後に急増した。マスクでは販売しても500〜1000円程度にしかならないが、数を売ればお小遣い程度にはなる。  そのようなアカウントを見ると、元々使用済みの靴下や下着なども販売しているアカウントであることも多い。そのようなアカウントにとっては、マスクは単なる入り口で、別の商品の販売や、リピートにつなげるためのものという可能性もあるだろう。  つまり、使用済みマスクの販売は、ブルセラショップで着用済み下着などの販売の延長線上にある行為なのだ。しかも下着より仕入れコストが安く、商品を用意することも簡単というわけだ。 使用済みマスク販売の違法性は?  明らかにいかがわしさを感じるが、このような行為は、法律的に見て問題ないのだろうか。…

Read More »

UAE President Khalifa, a pro-West modernizer, dies

ABU DHABI – United Arab Emirates President Sheikh Khalifa bin Zayed Al Nahyan, a pro-Western modernizer who had aligned the…

Read More »

In an era of “next-level” foods, these fruit daifuku really do take it to the next level【Taste test】

So many places claim to serve “evolved” food these days, but there are some dishes that actually deserve that description!…

Read More »

ミツカングループのZENB、黄えんどう豆100%使用の「ZENBヌードル」に約1.1㎜の細麺

 ミツカングループのZENB JAPANは、黄えんどう豆をうす皮までまるごと使った「ZENBヌードル」の第2弾として細麺タイプを5月11日より発売した。価格は、4食×2袋で1584円(税込)。ウェブサイトから購入できる。 太さは約1.1㎜。ゆで時間は4分  ZENBヌードルは、食物繊維や植物性たんぱく質を多く含んだ黄えんどう豆を、うす皮までまるごと使用しているのが特長だ。麺のゆで汁には豆の旨みや栄養が溶け出しており、スープにすれば豆のおいしさを無駄なく使える。  2020年9月の発売から累計390万食を突破したという。新たな細麺タイプは、約1.1㎜。そうめんなどの冷やし麺メニューなども楽しめる。細麺になったことで、ゆで時間は4分と短くなった。電子レンジ調理にも対応しており、6分温めればできあがる。 そうめんなどの冷やし麺メニューなども楽しめる  なお、そうめんと比較して糖質は48%オフ、たんぱく質は1.3倍、食物繊維も1食で1/2日分以上がとれるという。  実店舗では、渋谷と新宿のb8ta Tokyoで購入できる。また、渋谷店では5月14日~15日まで試食が可能だ。また、東京・六本木のレストランなどで細麺を使用したメニューを提供するほか、大阪万博記念公園や横浜赤レンガ倉庫にZENBキッチンカーが登場予定だ。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source Times…

Read More »

The underground networks of Russians helping Ukrainian refugees

TBILISI, Georgia – Ukrainian refugees who reluctantly find themselves under Moscow’s rule are receiving help from an unlikely quarter: networks…

Read More »

My summer kimono Totoro! Ghibli mascot and Kiki co-star grace beautiful anime yukata【Photos】

Finally, a way to spend the whole summer with Totoro! Kimono fall into two broad categories in Japan. On one…

Read More »
Back to top button
Close